2009年07月02日

ワンピース 第407話

 記憶を取り戻したブルックは、悪事を行うスリラー商会へ単身乗り込むが、反対に捕まって手ひどく痛めつけられる。一方、ブルックを案じるルフィ親分たちは、通りすがりの町娘ロビンから、ブルックはひどいことはしておらず、むしろ汚いやり口が嫌になって、スリラー商会を離れたと聞かされ、ブルック救出に向かう。そしてブルックが、止めをさされようとしたそのとき、ルフィとゾロが門をぶち破って突入、ブルックを助けてゾンビたちを蹴散らす。だが、数が多くきりがないため、ロビンの助けを借りて脱出するのだった。

 ルフィ親分と共に工房に戻ったブルックは、みんながみこしを修理していることにおどろく。何もしないで逃げるのは嫌だというみんなの意地と、仲間だと言われたことに感動するブルック。さらにデュバル、ローラたちが自分たちの壊れたみこしを修理の材料に使ってほしいと持ってきた。翌朝、レースのスタート地点に、スリラー商会のジャンボみこしが登場する。出場者のみこしをすべて壊して優勝を確信するホグバックたちだが、そこへ突貫修理を終えたルフィ親分たちのスーパーみこしが駆けつけ、勝負は一騎打ちとなった。

 レースが始まり、快調に進むスーパーみこしだったが、ジャンボみこしの妨害で遅れをとる。だが、ジャンボみこしの動きに異変が起きた。あまりの重さにゾンビたちが音を上げたのだ。そこでホグバックは、取りつけたエンジンを使って先を急ぐ。フランキーもみこしに改造を施しており、全速力で後を追う。グランドじぱんぐの町を破壊しながら、デットヒートを繰り広げる2つのみこし。あせったアブサロムは大筒で攻撃する。ルフィ親分たちは、川へ落ちたとみせかけて逃れると、サポートパドルを使い、そのまま近道をした。

 ゴールのぐらんど神社が見えてきたルフィ親分の前に、ジャンボみこしの正体である巨大グモが現れた。その吐き出したネットに捕まり、危機におちいるスーパーみこし。燃料のコーラはもう残っていなかったが、機転をきかせたおナミがコーラを投げて、それにより発射されたガオン砲によって逆転勝利をものにする。こうして優勝はしたが、町の復興費として賞金を没収されガッカリするおナミ。肝心のご神宝も、美女がはいて願いを唱えれば、どんな願いも叶うという乙女のパンツだったことから、思わずみんなも笑ってしまうのだった。
 「尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション」より

【Youtube1/2】 【youtube2/2】
【Dailymotion】
【Mega】

posted by ワンピー at 18:26 | 第401〜408話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
日本最大のe-Book書店 インフォトップ 売れ筋ランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。